23. プロシージャ・インタフェース

XMPにおけるプロシージャの呼び出しはプロシージャの呼び出しは,基本的にはベース言語と同じです. 異なる言語間のプロシージャや外部ライブラリの呼び出しも,ベース言語が対応していれば可能です.

下の例では,sub1()は分散配列を引数にしてsub2()を呼び出しています.

  • XMP/Cプログラム
void sub1(){
#pragma xmp nodes p[2]
#pragma xmp template t[10]
#pragma xmp distribute t[block] onto p
  double x[10];
#pragma xmp align x[i] with t[i]
  sub2(x);
}

void sub2(double a[10]){
#pragma xmp nodes p[2]
#pragma xmp template t[10]
#pragma xmp distribute t[block] onto p
  double a[10];
#pragma xmp align a[i] with t[i]
  :
}
  • XMP/Fortranプログラム
subroutine sub1()
!$xmp nodes p(2)
!$xmp template t(10)
!$xmp distribute t(block) onto p
  real x(10)
!$xmp align x(i) with t(i)
  call sub2(x)
end subroutine

subroutine sub2(a)
!$xmp nodes p(2)
!$xmp template t(10)
!$xmp distribute t(block) onto p
  real a(10)
!$xmp align a(i) with t(i)
  :
end subroutine

呼び出されるプロシージャ内で,引数にある分散配列を分散配列として用いたい場合は,その分散配列の形状をプロシージャ内で再定義する必要があります.

_images/destributed_array.png

ただし,呼び出されるプロシージャ内で,引数にある分散配列を重複配列として用いたい場合は,再定義を行う必要はありません.

  • XMP/Cプログラム
void sub1(){
#pragma xmp nodes p[2]
#pragma xmp template t[10]
#pragma xmp distribute t[block] onto p
  double x[10];
#pragma xmp align x[i] with t[i]
  sub2(x);
}

void sub2(double a[5]){
  :
}
  • XMP/Fortranプログラム
subroutine sub1()
!$xmp nodes p(2)
!$xmp template t(10)
!$xmp distribute t(block) onto p
  real x(10)
!$xmp align x(i) with t(i)
  call sub2(x)
end subroutine

subroutine sub2(a)
  real a(5)
  :
end subroutine
_images/duplicated_array.png